業者沢山

CDやDVDなどの記録メディアを簡単にコピーするための機材にデュプリケーターというものがありますが、近年はブルーレイディスクに対応した製品も登場しています。ブルーレイデュプリケーターは高品質の映像や音声を収録したコピーディスクを短時間で1度に複数枚作れるという、優れた製品です。パソコンと接続しなくても単体で使用できますが、デュプリケーターとして使用しない間はパソコン用のHDDとして使えるタイプの製品もあります。ブルーレイデュプリケーターはコピーできる枚数によって複数のモデルがありますが、価格は1度に1枚コピーできるタイプのもので1台3〜5万円程度、5枚コピーできるタイプのもので10万円前後、10枚タイプのもので15万円前後が平均的な相場です。

もともとディスクメディアのコピーは外部の専門業者に委託するのが一般的でしたが、パソコンの普及によってオフィスや家庭でも簡単にできるようになりました。しかしパソコンでは1度の操作で1枚しかコピーできないため、大量の複製を作るにはとても時間がかかりました。一方、企業等においては映像を使って会社説明や商品紹介などを行う機会が増えたため、メディアコピーの需要は高まる一方でした。そこで登場したのがデュプリケーター製品です。デュプリケーター、中でもブルーレイデュプリケーターはブルーレイディスクの流通枚数が少ないため当初は映像制作会社などの業務用としてもっぱら供給されていましたが、最近では家庭でも高画質の映像などを楽しむ機会が増えてきたため、市販モデルのブルーレイデュプリケーターも販売数が伸びています。