状態確認を

パソコン本体と周辺機器が壊れた場合は、修理業者に依頼するのが通例です。しかしながら修理業者に郵送するのは、原因の切り分けが終わってからでも遅くありません。なぜなら郵送で用いる費用や時間が、無駄になる可能性があるからです。例えば外付けhddが認識できなくなった場合、最も疑わしいのは記憶媒体です。しかし必ずしも外付けhddに原因があるとは限りません。わずかな確認作業で復旧する可能性もあります。外付けhddはUSBポートにケーブルを挿入して利用します。仮にUSBポートが原因であれば、外付けhddを郵送しても修理業者は問題を特定できません。復旧するならばパソコン本体を郵送する必要があるからです。以上のように簡単なチェックをする事で、余計な作業を減らせるメリットがあります。

原因を切り分けによる恩恵は手間に関してだけではありません。例えば外付けhddはデータを保存する機器ですが、故障と判断された場合データを失う事になります。なぜなら壊れた部品を交換するのが、修理業者の行っているサービスだからです。外付けhddが壊れていると判断されれば、新品に交換されてしまい故障品の方は廃棄されます。記憶媒体の故障における復旧とは、ハードウェアの改善だけではありません。内蔵されているデータについて、依頼者が納得できなければ復旧ではないのです。外付けhddはUSB変換ブリッジが壊れているケースがあります。それを交換するだけで復旧が見込めるのであれば、データを諦める必要はありません。修理業者に厳密な切り分け作業を依頼すれば、部品の一部を交換する事によってデータを維持できる可能性はあります。